検索

「花に聞くvol.17」ミモザ

「花に聞く」はOPAギャラリーで年1回開催している季節の花の展覧会、今年はミモザ (アカシア)がテーマです。部屋に生けた枝や、おしゃれなリースのミモザも良いのですが、木に咲く花の表情や枝が風に揺れる様子、全部の葉を太陽に見せるように螺旋状に伸びるところも好きで、今回はそんな生きているミモザ を描けたらと願いました。


近所のお世話になっている方から咲きかけの枝を分けてもらったのは2月でした。初めはフワフワの炒り卵みたいな黄色でした。まだ寒さの残る春先、黄色いポンポンに応援されているようで、視界に入るたびに気持ちが暖かくなりました。

図鑑などで花についてを調べる事も楽しみのひとつです。蜜腺についてや名前の由来、女性デーに関することなどを思いつつ、描いたり削ったりしながら、どんな絵にしようか、ちょこちょこ試し描いている時間が悩ましくも幸せな時間でした。 今回はクレヨンとオイルパステル、色鉛筆、綿棒、カッターなどで描いています。


花が終わるとペラペラのサヤに入った実がなるそうで、それも必ず確認しようと心に決めました。季節は次に進みます。